女性の敵は女性なのかもしれない。

女性はある年齢を過ぎると必ず会話の中に出てくるセリフがある。
「お子さんは?」
「お子さんいくつ?」
これって必ず「子どもがいる」設定で話してるよね。

私もそうなんだけど、子供の居ない人もいるよね?
欲しくても出来ない人もいるよね?

そのような人には、とっても辛い言葉だと言うことを気づいてほしい。

子供がいないと答えると「早く作らないと!」「老後寂しくなるよ」
なんで、こんな事言えるんだろう?
老後が寂しいのは本人が1番よくわかってるんだよ。

老後が寂しい。独りぼっちだから・・・って言うと。
「私だって同じよ、子供は巣立っちゃうもん!」って。
いや、一緒ではないから!

子供を持つ大変さ、育てる苦労。
子供を持ったことのない人間には分からない事だと思う。
でもね、嬉しかった時や幸せを感じた時もあったと思うんだ。
子供の成長と共に自分も成長できた部分もあると思う。

そんな経験が出来なかった人に、刃を向けないで欲しい。
中には、子供が欲しくて、欲しくて・・・・
一生懸命頑張っても縁のなかった人もいるから。
そのような人を傷つけないで欲しい。

子供の出来なかった女性へ。
とても悲しい事だと思う。寂しい事だと思う。
そして、心無い言葉に傷ついた人もたくさんいると思う。
でもね。
世の中のお母さん方は「子どもを産み育てる」ことが1つの使命だけど。
子供のない私たちには、その人たちには出来ない他の大事な使命があるのだと私は思う。

世の中のため、地球のため。
とてもとても大事な使命を、役割を担ってきてるんだと思う。
だから、貴女の本当の役割に気づいてほしい。
まだ、遅くは無いから。。。

コメント