使い終わったお財布の処分の仕方

お役目が終わったお財布、あなたはどうしてますか?

あなたのお財布は、あなたの元で働くのがお役目です。
しかし、寿命の来たお財布は頑張って働くことが出来ません。
もう、お役目が終わった時・・・なのです。

この時、あなたは新しいお財布を迎えることになりますが
では、今まで頑張ってきてくれたお財布。
どのように、処理すれば良いのでしょうか?

その方法をいくつかお知らせしますね。

サブの財布として使用する。

今まで大事に使っていたお財布。
気に入ってるお財布だと、なかなか手放したくないですよね。
そんな時。
サブのお財布として使います。

メインのお財布としては、役目が終わってしまっているのですが
サブとしては、まだまだ使えます。

  • 余分のお金を入れておくお財布
  • メインが家計費ならプライベート用に使う
  • 旅行の時などに使う

など、メイン以外のサブ用に使ってみましょう。

ユースドとして他の方に使ってもらう

金運アップとしては、他の人が使用したモノを使うのはオススメしませんが
そのような事を気にしない人もいます。

新しいご主人の元に送り出してあげる事も良いですよ。

ゴミとして処分する

地域ごとに不燃物・燃焼物の規定があると思うので
指示にそって回収してもらいます。

えっ?ゴミで良いの?と思うと思いますが・・・
大丈夫です。

ただ、「ゴミ」として出す前にしてほしいことがあります。

  1. 白い紙の上に置きます。
  2. お財布に粗塩を振って念を払います。
  3. そのまま、白い紙で包みます。
  4. 「ありがとう」の気持ちで処分してください。

今まで頑張って働いてくれていたお財布です。
「ありがとう」の感謝と共に処分してください。

そして、1番大事な事なのですが。
なかなか処分できなくて、今までのお財布をずっと持ってる人がいます。

お財布が処分できなくて、ずっと持ってる人

実際、私もそうでした。
捨てる事が出来なくて、何個も貯めてた事があります。

物は大事にしたい!と言うのもありますが、そうやってドンドン貯め込んでしまうと「捨てられない女」になってしまいます。

モノと言うのは必要なモノは必要な時に入ってくる!という宇通の法則があります。

「いつか使うかもしれない」という気持ちで取っておくのはやめて下さい。
本当に大事なものが入ってくる「場所」が無くなってしまいます。

「開運」と言うのは、宇宙の法則に従うとジェットコースターに乗ったように運気は動き出します。
なので、ぜひ!
運気に乗るように「必要なモノ」が入ってくる隙間をキチンと開けておきましょう♪