今年最後の恵方参りに行こう♪

暦の上では、2月4日から新しい1年が始まります。
なので、1月は2022年最後の月となります。

恵方参りって何?

毎年、その年をお守りくださっている「歳神様」のいる方位の神社にお参りにお行くのが「初詣」でした。
その年1年をお守りくださいと言う意味ですよね。

暦の上で1年の始まりは、立春からなので2月4日にお参りに行きます。
今では元旦にお参りに行くのを初詣と言います。
なので、歳神様の方位の神社にお参りに行くのを「恵方参り」と言うようになりました。

「恵方参り」はいつ行けば良いの?

先ほど、立春の2月4日と言う話をしましたが。
恵方参りは、他の日にも行くことが出来ます。

  • 立春
  • 春分の日
  • 夏至
  • 秋分の日
  • 冬至
  • 日盤切替(年に2回あります)

などなど、1年のうちに何回か行くことが出来ます。
ここで、最後に書いた「日盤切替」について説明しますね。

日盤切替って何?

日盤切替は年に2回あります。
それは、夏の気から冬の気へ。
冬の気から夏の気へと陰陽が切り替わる日なのです。

今月のカレンダーですが、日付の所に書かれてるのは「日盤」です。
この日盤の中宮(真ん中)に書いてある数字(気学では星を表しています)が、1日から5日までは「五→四→三→二→一」と減って行っています。

これを「陰遁(いんとん)」と言い、陰のエネルギーの日々です。
しかし、6日からは「一」が重なり「一→二→三→四→五」と増えて行っています。
これを「陽遁(ようとん)」と言い、陽のエネルギーのに日になります。

そして、5日と6日で「一」が重なり陰遁から陽遁へとエネルギーが切り替わるのです。
これを「日盤切替」と言います。

1月は冬の陰の気から夏の陽の気へ切り替わる重要な日が、5日と6日にあります。
ぜひ、この日に「恵方参り」に行って下さいね。

恵方参りの方位は?

2022年の方位は北の西より10度。
1月は暦の上では、まだ2022年なので去年の方位になります。

この赤く塗られた範囲での神社仏閣にお参りくださいね。
(この地図は私の自宅からの方位になりますのでご注意下さい)
但し、お寺さんでお墓のみのお寺さんはNGになります。

恵方参りの仕方はこちらをご覧ください。

九星気学で幸せ開運術♪氣彩塾~kisa...
【恵方参り】願いが叶うお参りの仕方 | マンツーマンで丁寧に学べる九星気学・姓名鑑定オンライン講座♪氣彩... 恵方参りだけは願い事をしても良いと言われています。 きちんとしたお参りの仕方をすると願いは叶うのです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!