お財布の使い始めはいつ?

お財布を購入したら、いつから使い始めますか?
今は「一粒万倍日」とか「天赦日」とか、いろいろ言われていますが。

実は、貴女にとって「物事を始めると発展・進展する日」があるのをご存知ですか?

開運財布として発展させる使い始めの日

これを「線路」と言います。
鉄道のレールも「線路」と言いますよね。

かの福沢諭吉(一万円札の人ですよね)は明治時代に易を勉強していました。
当時、鉄道のレールがひかれているのを見て
まっすぐ伸び進んでいく姿から

「易の『線路』と同じだ!」

と、鉄道のレールを「線路」と名付けられたそうです。
お財布も「この日から始めると発展・進展する日」に使い始めるのが良いとされています。

これは、お一人お一人生年月日から鑑定してお日にちを割り出します。

「線路」の出し方

① 生年月日から本命星を出します。

簡単な本命星の出し方

「キーナンバーは『11』
自分の生まれた年の西暦を1つずつ足していく。
1963年生まれだとすると、1+9+6+3=19
1+9=10なので(キーナンバーの11より小さくなるまで足していきます。
キーナンバーの「11」から「10」を引いて「1」
一白水星という事になります。

*節分以前に生まれた方は、前年度の生まれ年になります。

② 一白水星から九紫火星の9つの星を3つのグループに分けます。

  • 一白水星・四緑木星・七赤金星の人たちは、「子・卯・午・酉の日」
  • 二黒土星・五黄土星・八白土星の人たちは、「寅・巳・申・亥の日」
  • 三碧木星・六白金星・九紫火星の人たちは、「丑・辰・未・戌の日」

これらが其々の「線路の日」になります。
「干支カレンダー」で検索すると出てくると思います。

この線路日は3日に1回ありますので、使いやすいと思います。
その中でも、特にこの日!と言うのも鑑定しております。

それは、月に1回か2回しかない特別な日です。
気になるようでしたら、鑑定にお申込みください。