お財布の初期設定は大事?

初期設定って何?

お財布の使い始める前に、そのお財布に自分の許容範囲を覚えさせることを「初期設定」と呼んでいます。
お財布は、最初に入って来た金額を記憶します。
なので、初期設定で自分が通常入っていて欲しい金額を設定しておくのです。

初期設定を間違えると?

先ほど、財布は最初に入って来た金額を記憶すると書きました。
なので、もし最初にお財布に入れた金額が3000円だったとしたら。
お財布自身が自分の許容範囲は3000円だからと、それ以外のお金をドンドン出していってしまいます。

結局、お金の入ってこないお財布になってしまうのです。

初期設定の仕方

この初期設定はお財布を使い始める数日前に行って下さい。

  1. お財布には、通常入っていて欲しい金額プラスαを入れる
    よく○○万円入れましょう!と書かれてる本もありますが、個人個人入れる金額は違って大丈夫です。
    自分が、これくらい入ってると嬉しいな~と思う金額と少しを入れます
  2. 1日、自分の行動範囲を持ち歩く
    お財布は持ち歩くものです。
    ですから、自分の行動範囲の「氣」をお財布に馴染ませる必要があります。
  3. 一晩寝かせる
    1日その場所の気をお財布に覚えてもらったら、あとはゆっくり休んでもらいましょう。
    休んでもらう事で、「氣」が安定します。
  4. 翌日、余分なお金は元の場所に。
    一晩寝かせたら、入っていたお金は必要分を除いて元の場所に戻しましょう。
    そのまま入れておくと、結局は使ってしまいます。

これで、初期設定は終了です。
この後、それぞれの使い始めの日に使い始めて下さいね。